Home

グローバル Search Marketing - Blog

重複コンテンツ&複数サイトの問題 / SES サンフランシスコ

  • 2011年8月16日 15:53
  • SEM | SEO

免責事項:この記事はSESのセッション内容の正確性・完全性に関していかなる保証も行いません。著者及び現時点での信頼できる情報源からの意見・考えなどが反映された内容となっています。

Duplicate Content & Multiple Site Issues

重複コンテンツとは

同じドメイン内、複数のドメインに存在し、他のコンテンツと完全に同じもしくは、非常によく似たコンテンツのまとまりです。
http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=66359

なぜ重複コンテンツが問題なのか?

検索エンジンは検索ユーザの利便性を考え、検索結果に同じようなページが多数出てこないよう、非常に似たコンテンツを持つページをフィルタリングして検索結果をなるべく、ユニークなページの一覧を返すように努めています。 その結果、重複コンテンツを持つページは、検索結果に表示されなくなります。
※これは検索エンジンからペナルティを受けてページが削除される訳ではありません。

例えば、自サイトのコンテンツを他のサイトへ提供している場合、他のサイトと自サイトのコンテンツが重複し、自サイトが検索結果に表示されなくなり、検索エンジンからのトラフィックを失うことになります。また、自サイト内でも重複コンテンツがあることで、想定しているページへターゲット・ユーザのトラフィックを誘導できず、折角の見込み客を囲い込み機会を逸してしまう可能性もあります。これらは検索エンジンからのトラフィックをほとんど適切に誘導できていないことを意味しています。

コンテンツはとは

検索エンジンが見ているWEBページのコンテンツとは次の部分のみです。

ia_contetns.png

他のページで共通に利用されているヘッダーやフッター、ナビゲーション、広告などのテキスト部分などを除いたブロック部分のテキスト情報を抽出して検索エンジンは比較しています。

どんなコンテンツが重複コンテンツと判定されるのか?

  • 全く同じテキスト
    東京は今日も雨でした。Vs. 東京は今日も雨でした。
  • 並び替えたテキスト
    東京     大阪
    大阪 Vs. 京都
    京都     東京
  • 置換されたテキスト
    東京は今日も雨でした。 Vs.  大阪は今日も雨でした。

こんなサイトは要注意!

  • プレス・リリースなど複数のサイトへコンテンツを提供
  • コンテンツ配信など複数のサイトへコンテンツを提供
  • 製品の一覧ページ(ソート別に複数のURL)などを提供
  • メーカの製品情報などをそのまま引用して製品説明を提供

どんな基準で選ぶのか?

検索エンジンは重複コンテンツが見つかった場合、以下の要因などを用いて検索結果に表示するページを選んでいるようです。

  • PageRank
  • Trust authority
  • Recency
  • Original author

これらの事が配慮されるため、オリジナルのコンテンツであれば必ず検索結果に表示されるのではなく、トータルとして最も検索エンジンに権威があると判定されたページが検索結果に表示されることになります。

対処方法など

では、重複コンテンツに対して、サイト運用者が出来ることは何でしょう?

  • 重複ページを削除して、トラフィックを誘導すべきページへ301リダイレクトを設定
  • rel=canonicalタグを利用
  • Googleのウェブマスター・ツールの利用
(あまりお勧めしない方法)
  • meta タグのnoindexの利用
  • robots.txtの利用

以上、重複したコンテンツは、複雑な問題です。重複コンテンツと判定されることでSEOの努力が損なわれる危険性が常にあります。検索結果に意図してページが表示されるようにまずは、重複コンテンツの場所を特定することが重要です、サイト内部に重複コンテンツが疑われる場合は、それらを取り除くこと、サイトのコンテンツ管理を怠わらないでください。

より正確なセミナーの内容は以下のLiveブログを参照されることをおすすめします。
SES Live: Duplicate Content & Multiple Site Issues
BruceClay - Duplicate Content & Multiple Site Issues

Continue reading

明日からSES San Francisco(サンフランシスコ)

san-francisco01.png

日本から飛行機で約9時間、アメリカはサンフランシスコに来ています。

san-francisco02.png

8月15日〜19日にサンフランシスコ最大のコンベンション&エキシビジョンセンターであるモスコーニ・コンベンションセンターでSES San Franciscoが開催されます。

index.png

検索エンジン・マーケティングの最新の情報を知ることと未来の方向性を確認してこようと思ってます。 また、検索エンジン・マーケティング関連の知識やビジネスを整理して、自分の考えを俯瞰してみる良い機会になりそうです。

なにか面白いセッションがあれば後ほど内容をご報告します。

Continue reading

アドワーズのアドサイトリンク

  • 2011年6月15日 17:09
  • PPC
  • Adwords

アドワーズ広告内にサイトリンクの埋め込みが可能になったようです。

この新機能を使えば、広告文内に複数のリンクを貼ることができ、ターゲットに合わせたページへユーザーを導くことができます。

Google AdWords - Google Search.jpg(広告の一例 From Adwords blog)


使用するには、サイトリンクを使用している、対象広告が自然検索の上に表示される(上位に表示されていなければなないと言うことですね)、広告内の単語とサイトリンクがマッチしなければならない、などの条件があります。

そもそも、広告のクオリティが高く、ユーザーに適切な内容を提供していなければサイトリンクは表示されませんが、ブランド検索などの関連性が高い検索からユーザーを適切なページに送る事ができれば、コンバージョン率が上がる可能性は高いとい言えるでしょう。

あなたのサイトがリンクされる25の理由

  • 2011年5月31日 15:44
  • seo

ドキッとするタイトルの記事を見つけたので読んでみました。
サイトを運営する人ならば実施している方も多いであろうSEO施術。そのなかでも、簡単には向上できない被リンク数。その理由を教えてくれるという25 reasons why another site will link to yours

早速簡単にリスト化をしました。


  1. 有料ディレクトリに登録しているから

  2. 商業団体に属しているから

  3. 商品のレビューやディスカッション

  4. 地域団体に属しているから

  5. ケーススタディに適しているから

  6. ターゲットグループに属しているから
    (これは統計学の対象としてではなく、ネット上で同じ興味や職種の人と交流を持ち、コミュニティい属する事によってリンクを獲得する、という事のようです)

  7. 情報(助言)を投稿したから

  8. 最新のニュースにコメントをしたから
    (最新ニュースを面白く纏めたために他サイトからリンクされることもあるようです)

  9. 重要な情報源であるから
    (業界ブログや情報などを提供できるサイトはリンクされる可能性が高いですよね!)

  10. 値引きをしているから

  11. 募金をしたから

  12. 関連業界を支援しているから

  13. 奇抜な事業を行っているから

  14. インタビュー記事を掲載しているから
    (インタビュー記事に興味をもつ人は多いようです。興味深い人をインタビューするとリンクされる可能性が高いということのようです)

  15. <インターンや求人情報を掲載しているから/li>
  16. 展示会に参加したため
    (最近は多くの展示会が出展者のリンクを貼るようです)

  17. 市場(流行)に逆らったから
    (驚きの理由ですが、それなりの結果を残せば取り上げられます)

  18. 動画をサイトで公開しているから

  19. YouTubeで動画を公開しているから

  20. プレゼントに最適な商品を取り扱っているから

  21. 商売の手助けをしたから
    (アフィリエイトなどに参加してリンク数や売上の向上を目指す、という事のようです)

  22. 健康に良い商品を取り扱っているから

  23. 地元の大学を支援しているから
    (実際のケーススタディがあるようです。獲得が難しいものの、学校からのリンクには効果が期待できます)

  24. 質問をしたから
    (掲示板やブログなどで興味深い質問をすることによって、リンクされることがあるようです)

  25. レビューを募集ているから
    (新商品などのレビューを募集することによって、効果のあるサイトから、レビューとリンクをもらえることがあるようです)

さて、この中であなたのサイトに当てはまった理由はありましたか?
これからSEOを行っていくための指標、またはアドバイスとして使えるものもあるのではないでしょうか?

ビジネスブログを改善する7つのステップ

  • 2011年4月21日 18:06
  • SEO
  • blog, SEO

SEOにも大切なビジネスブログ。ただ書けば良いというわけではないけれど、一体どんなブログが求められているのだろう? そんな事を考えている時に見つけたこの記事を取り上げてみることにしました。

見出しは簡潔に分り易く



偶然見た人がクリックしたくなるような見出しを単語9個以内で書くのが効果的。

1つの記事につき、数個のヘッダーを作る



ブログ記事版の目次みたいなもので、興味がある箇所をすぐに見つけられます

無駄な装飾単語は避ける



「すごく」、「たったの」などの装飾的な単語は文字数が多く、要点も分かりづらくなってしまうので、なるべく避けるべき。

関連のあるイメージ画像を使う



全ての記事にイメージ画像を使用するのではなく、画像から記事のアイディアが伝えられる場合のみ使う。

記事の内容が伝わる見出しを書く



例えば、動画付きの記事ならば、見出しに「【動画】」と付け足すだけで注目度があがります。

コメント欄を記事の延長線上として考える



読者の好奇心をそそる知的な質問を記事の終わりに提示することによって、読者が参加できる環境が作られます。

Call-to-action(行動喚起)を記事に盛り込む



読者を記事から本サイトに誘導し、コンバージョンを得られるような要訳の記事を書く。これは、宣伝としてのブログに効果的ですね。

さて、この7ステップが全てのビジネスブログに適切ではないかもしれませんが、良い参考にはなりそうですよね。私も心がけておきます。

SEMPO、SEOの調査結果を発表

SEM業界団体のSEMPOは、北米の一般企業や広告代理店900社(うち35%が一般企業、65%が代理店やコンサルタント)を対象として行った検索エンジンマーケティング市場についての市場調査結果を発表した。


それによると、昨年度の14%の市場拡大から、2011年度はグーグル、マイクロソフト、そしてヤフーの提携に伴い、16%の市場拡大が期待できるとしている。

SEMPO1.JPG

多くの企業はリスティング広告予算やSEO予算を増やしており、Facebook広告の予算も増加傾向にあるとのこと。


抜粋:


  • 調査に参加した会社の79%が、モバイル市場が検索エンジンマーケティング市場に与える影響力を高く評価している。これは、2010年度と比べると14%も伸びる結果となった。

  • ローカル検索を高く評価している広告代理店は全体の43%に上り、国内全域対象の4%、海外対象の12%と比べると注目度の高さが伺える。

  • 宣伝媒体としてのソーシャルメディアの使用率も上昇しており、企業のFacebookの使用率は昨年の73%から84%に上がり、75%の企業がTwitterを自社製品のプロモーションに使用していると答えた。

  • 社内SEO率は下がり、代理店に依頼する一般企業が増えている。昨年は社内でSEOを行っている一般企業は51%あったが、2011年度は44%に減っている。

  • グーグルの検索シェアは以前と変わらず一位で95%の一般企業がアドワーズを使用している。

  • SEOの予算を増やす一般企業は全体の54%、しかしリスティング広告の予算を増やす会社は昨年度の37%を下回る31%という結果になった。

  • Facebook上でリスティング広告キャンペーンを行っている一般企業は、北米では47%、海外でも45%に上り、グーグルのよき挑戦者となりつつあるようだ。
  • SEMPO_Social3.JPG

  • ソーシャルメディア使用理由として、顧客の満足度向上を上げる一般企業が昨年度の8%から13%の伸びが見受けられた。


これは、主に北米市場での調査結果ですが、モバイル市場やソーシャルメディアの注目度の高さは、日本国内でも気になるところですね。

アドワーズで就職活動?

  • 2011年4月13日 12:43
  • PPC
  • Adwords

この記事、What Search Can Tell Us About Latinos Onlineで見つけたこの人。2010年の5月にアップロードされたので少々古いのですが、アドワーズの使用方法について考えさせられたのでピックアップしました。

5人のクリエイティブ・ディレクターの名前をキーワードとして設定し、その人の名前を検索した際に自分からのメッセージをアドワーズ広告として表示させると言うもの。そのうち4社からは面接、2社からは仕事のオファーを受け、現在は就職しているそうです。そして広告費用もたったの6ドル!

しかし、就職した会社は唯一面接がなかった方の会社ですが、関連性はいかに?


クリエイターならではの発想ですね。アドワーズを通しての告白や部員募集、人探しなど、可能性は無限大ですね。宣伝の枠を超えた使用方法に気付かされました。

グーグルの「+1」ボタンとは

  • 2011年4月 5日 18:38
  • News | SE
  • google

検索時に自分のお気に入りサイトを友人とシェアできる「+1」ボタンをグーグルが発表しました。

Facebookの「いいね」に似たこのボタン、グーグルアカウントにログイン中に行った検索での使用が可能です。使用方法は簡単。

plusone1.png(グーグルブログより)

結果タイトルの横にある「+1」ボタンをクリックするだけ。

友人の検索で同サイトが表示された場合、サイト情報の下に自分のユーザー名と「+1」が表示されます。


日本ではまだサービスが開始されていないのでしょうか、私はまだ確認できていません。

知っていましたか? - アドワーズの言語設定

  • 2011年3月31日 13:16
  • PPC | SE
  • Adwords, language

アドワーズのキャンペーン設定の1つである「言語設定」。これは、検索されている言語ではなく、ユーザーのブラウザー言語設定だという事をご存知でしたか?

つまり、A社がアドワーズの言語設定を日本語に指定した場合、日本在住の方がグーグルの検索言語を英語に指定していたらば、その方が日本語で検索してもA社の広告は表示されないということです。ちなみに、私も自宅のPCでは、グーグルの言語設定を英語にしています。

多くの場合、ターゲットとしたいのはユーザーの「使用言語」であって「設定言語」ではないはず。そう考えると、言語設定から漏れてしまっている潜在顧客が多数存在するかもしれません。

しかし、4月下旬から一部のギリシャ語、ヘブライ語、日本語、韓国語、タイ語についてはどの言語設定でも表示されるようになるそうです。

詳しくは、アドワーズブログをご覧ください。

スカイプが日本のユーザーに無料アクセスを発表

  • 2011年3月18日 11:51
  • News
  • skype

日本を揺るがせた東北関東大震災から一週間。被災者の方達は避難生活を余儀なくさせられ、避難場所の環境も懸念されていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?弊社は東京にあるため、社員、オフィス共に被害を被らずにすみました。まだ、安否を気遣われている方や、避難をされている方も多数いらっしゃるかと思います。
ここからは、ブログを書いている私個人の意見となりますが、皆様の安全を祈りながらも自分でできること、仕事を通して社会に貢献し、災害に対しては素人の私達ができる募金や物資の支援、そして買い占めをせず普段よりも節約を心がけ生活をしていこうと考えています。


さて、本題ですが、まだまだ連絡が困難な状況が続いてる中で、スカイプが日本の全スカイプユーザーに無料WiFiと無料スカイプ・クレジットの提供を発表しました。


使用方法は様々かと思います。情報の交換が上手くできる地域にいるからころ、役立てていきましょう。

Index of all entries

Home

カテゴリ
アーカイブ

Return to page top